2011/08/31

応用情報技術者試験のまとめ その2 価値/メリット編


前回に引き続き、IPAが実施している応用情報技術者試験について書いています。

前回は概要編を書いたので、今回は応用情報のメリットを取り上げた価値/メリット編を書きたいと思います。

応用情報試験がどういうものかわかったら、その次にやるのは、受験するかどうかを判断すること。その判断のためには、「応用情報に合格したらどんなメリットがあるのか?」というのを知る必要があります。

では、価値/メリット編。早速行きたいと思います。

応用情報技術者試験を受ける価値/メリット

いきなり結論から言ってしまうと、応用情報試験の価値は「その人次第」です。

いきなりこんなことを言うとミもフタもない感じになりますが、これが事実だと思います。

というのは、まず、応用情報にかぎらず「試験はしょせん試験」です。何らかの上位目的を達成するためのツールでしかありません。それをどう使うか、どう活用するかというのはすべてその人次第です。

プロセスの中で得る知識こそが重要
特に、応用情報は業務独占資格ではありません。しかも、認知度も一般的にはそれほど高くはありません(業界内での認知度は高いかと思いますが)。ですので、これを取ったからといって急に何かが変わるわけではありません。

そんな試験ですので、まず第一に押さえておきたいのは、「応用情報試験合格者」という肩書きよりも試験勉強の中で得る知識にこそ価値があるという点です。

最終的に価値を決めるのは自分
「知識にこそ価値がある」というのがわかった上でもうひとつ押さえておきたいのが、価値を決めるのは自分だという点です。以下に応用情報に対する一般的な評価について述べますが、それらは言わば他人の評価です。「その評価の先に自分は何がやりたいのか?」を明確にすることが大切になってきます。

応用情報に合格するにはどうしても一定のコスト(時間とお金)がかかってきます(「受けたらいつでも受かるわー」という方はもちろん例外です)。ですので、時間を持て余していて、かつ、他にやりたいことが何にもない!、というのでもなければ、明確な目的もなく応用情報試験を受けるのは、時間とお金がもったいないと思います。

なので、最終的な価値を決めるのはあくまでも自分です。ここを押さえたうえで、以下の情報を参考にしていただければと思います。

一般的な評価
応用情報試験に合格していることは、以下3つの事実の証明にな(りう)ります。
  • ITに興味がある
  • 一定水準のIT知識を持っている
  • マネジメント面とストラテジ面に関しても、一定水準の知識を持っている
  • 合格率20%前後の試験に合格できるくらいの基礎学力と継続力は備えている

ただし、過剰な期待は要注意です。「応用情報に合格した」というのは、言ってしまえば「60点以上を取った」というだけのことなので、ただそれだけで良い評価が得られるとはかぎりません。

就職や転職に役に立つか
「就職や転職に役立つでしょうか?」と問われると、「役に立つ場合もあるし役に立たない場合もあります」というのが答えになります。

というのは、応用情報に合格していることを評価するかしないかは、結局はその会社の採用ポリシーや採用担当者のポリシーによりますので、一概に言うことはできません。

むしろ、「なぜこの試験を受けようと思ったのですか?」という質問をされたときに、意志を感じられる適切な答えを返せることの方が重要、かもしれません。

IPAが考えるメリット
もうひとつ、応用情報試験を実施しているIPA自身が掲げているメリットもご紹介しておきます。IPAは、応用情報を含む情報処理技術者試験全般のメリットとして次の8つを挙げています。
試験のメリット
  1. 企業からの高い評価
  2. 時代の変化に対応できる技術者育成
  3. 質の高い試験
  4. 企業の技術力をアピール
  5. 自己のスキルアップ、能力レベルの確認
  6. 国家試験などにおける優遇制度など
  7. 金融機関におけるローン金利優遇
  8. 学校における優遇制度

ハイライトした1と5~8は個人にとってのメリット、2~4は企業にとってのメリットですね。もし、このどの項目を読んでもピンと来ない感じであれば、受験は思いとどまってもう一度よく考えた方がよいかもしれません。このあたりについても、詳細はIPAの試験の概要のページに載っています

コスト
以上で、応用情報の価値についてはひととおり書きました。ですので、ここからは「コスト」の方について書いていきたいと思います。

前回書いたことを少し引用してみます。
余裕をもって合格するために必要なトータル勉強時間は
  • ゼロベースで始めるなら500時間
  • 趣味程度でふだんからITに触れている方なら200時間
  • 基本情報をカンタンに合格できるぐらいのレベルの方なら0~100時間
ぐらいかなと思います(あくまでも、僕の感覚と想像です!)。

ここで大切なのは、機会損失の視点を持つことです。たとえば、「ふだんからITに触れている方」であれば所要時間は200時間ぐらい。この200時間というのは結構な時間で、他のことに換算して考えてみると
  • 映画なら、100本分
  • 1時間のドラマなら、200話分
  • 英語なら、TOEICで50~100点UP分
  • マラソンなら、ゼロから始めてフルマラソンを完走できる
  • 他の趣味でも、ゼロから始めたとしても初心者レベルから抜け出せる
ぐらいの時間に相当します。

ひとつを選ぶということはすなわち「他のすべての可能性を捨てる」ということなので、その視点から見ても「応用情報をいま受けるのは適切か」というのを考慮するといいかもしれません。


・・・価値編は以上となります。

応用情報を取ろうかどうか迷っている方は、「応用情報を取ったら何がいいの?」という価値/メリット面が気になるかと思いますので、今回はそのあたりのところをまとめてみました。

一般的な評価を参考に、自分の価値観やキャリアプラン、リソースを見比べながら、最終的な価値判断は自分で行う、のが一番だと思います。

続く3回目はいよいよ、コツ編です。実際に試験勉強をする上でのコツや注意点、おすすめの本などを挙げてみます。

2011/08/29

応用情報技術者試験のまとめ その1 概要編


前回の投稿に書いたように、今回から3回シリーズで応用情報技術者試験についてまとめていきたいと思います。

初回の今回は、「応用情報技術者試験とはそもそも何なのか?」という概要の部分から。つづく次回に価値/メリット編を、そして最後の3回目に具体的なコツを書いていきます。

では早速。「応用情報とは何なのか?」という部分に入っていきます。


応用情報技術者試験とは?

情報処理推進機構(略称:IPA)という機関が「IT人材の育成」を目的に毎年実施している試験で、IT技術者としての知識を問うものです。資格名はありませんが、国家試験のひとつとして位置づけられています。

名称
正式名称は「応用情報技術者試験」です。略称はAP、英語名の「Applied Information Technology Engineer Examination」のAppliedから来ています。

時期
毎年春と秋の年2回。全国各地で行われています。

料金
受験料は5,100円です。

数ある試験の中での位置づけ
試験には大きく2種類あって、
  • 国家試験
  • 民間試験
があるのですが、応用情報はこのうちの前者、国家試験に位置づけられます。ただ、国家試験ではあるものの、合格したときに何らかの資格が与えられるわけではありません。また、医者や弁護士のように「その資格を持った人だけがその仕事ができる」業務独占資格でもありません。その意味では、珍しいタイプの試験なのかなと思います。

IPAが実施する試験の中での位置づけ
上でも述べたように、応用情報試験はIPAという機関が実施しています。IPAが実施する試験は他にもたくさんあって、それらは全部で4つのレベルにレベル分けされています。応用情報はその中のレベル3のところに位置づけられています(下図中、緑色の部分です)。


広く一般の方向けのものとしてITパスポートが、そしてその上にIT系技術者の基礎レベルとして基本情報というのがあって、その上に応用情報がきます。応用情報のさらに上には、高度(プロフェッショナル)試験として、ITの各分野に分かれた試験が設けられています。

歴史
応用情報技術者試験の初回実施は2009年。ですので、比較的新しい部類の試験になるかと思います。しかし、応用情報ができる前は少し内容の異なる「ソフトウェア開発技術者試験」というものが、さらにその前には「第一種情報処理技術者試験」というものがありました。応用情報はそれらの後身とみなされることが多いので、歴史という意味では、「第一種」の頃も含めて考えた方がよいかもしれません。第一種の時期も含めると、結構な歴史を持つ試験です。歴史について詳しく知りたい方はWikipediaをご参照ください

試験構成
応用情報は、午前と午後の試験からなります。午前はマークシート方式、午後は自由記述式の問題で、それぞれ試験時間は150分です。
  • 午前 150分 マークシート 80問
  • 午後 150分 自由記述 (12問中6問を選択して回答する)

午前午後ともに満点が100点で、「午前で60点以上、かつ、午後も60点以上」取れたら合格となります。

試験範囲
試験範囲は、テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の3つがあります。各カテゴリにはそれぞれ次の分野が含まれています。
  • テクノロジ系
    • 基礎理論
    • コンピュータシステム
    • 技術要素
    • 開発技術
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント
    • サービスマネジメント
  • ストラテジ系
    • システム戦略
    • 経営戦略
    • 企業と法務

さらにもう一階層下の分類もあって、公式にも公開されているのですが、数が多くなるためここでは割愛します。IPAサイト内の試験要綱・シラバス・過去問題などというページの「情報処理技術者試験の要綱」というPDFに詳しく載っています。

合格率
IPAが公表している過去の実績では、申し込んだ人のうちの60~70%が受験し、受験した人のうちの約20%が合格となるそうです。ですので、全申込者数を分母とした合格率でいうと、約13%ぐらいになります。午前、午後ともに合格率は50%弱となっています(その合格率をかけ合わせて最終20%という数字になります)。

難易度
応用情報は専門系の資格ですし、得意不得意というのが人それぞれあるため、客観的な難易度を出すのは難しいかと思います。

ですので、難易度のかわりに勉強時間の目安を出してみたいと思います。余裕をもって合格するために必要なトータル勉強時間は
  • ゼロベースで始めるなら500時間
  • 趣味程度でふだんからITに触れている方なら200時間
  • 基本情報をカンタンに合格できるぐらいのレベルの方なら0~100時間
ぐらいかなと思います(あくまでも、僕の感覚と想像です!)。

ですので、たとえば「ふだんからITに触れている方」であれば合計200時間くらい。ということは、毎日2時間の勉強を続ければ、3ヶ月強で安心して合格できるくらいと思っていただければと思います。

もちろん、モチベーションややり方、環境によって効率は変わってきますので、あくまでも目安と捉えてください。

特徴
応用情報は「試験範囲が広い」というのがまず大きな特徴です。

僕がこれまでに受けた試験は、高校・大学・大学院入試、愛玩動物飼養管理士、TOEIC、簿記くらいしかないので、「広い」というのもあくまで僕の感覚値にはなりますが、
  • テクノロジ(情報技術のこと)
  • マネジメント(マネジメントのこと)
  • ストラテジ(企業戦略のこと)
と3つの分野が含まれることを考えても、実際に勉強してみた感覚としても、わりと範囲が広い部類の試験になるのかなと個人的には思いました。

試験範囲が広いため、勉強する際のアプローチは「数少ない原則を完璧にマスターする」というよりはむしろ「知識のヌケモレをひとつひとつ確実に押さえていく」という地味なやり方になってくるのかなと思います。


・・・概要編は以上となります。

「応用情報試験ってそもそも何なの?」ということで、まずは概要をまとめてみました。

次回は、「受けようかどうしようか迷っている」という方を対象に、「応用情報に合格すると何がいいのか?」という価値/メリット編を書いてみたいと思います。

2011/08/28

応用情報技術者試験の結果が返ってきました


今年6月に受験した応用情報技術者試験の合格証書が、先日届きました。合格証書が届いたってことはそりゃそうなんですが、結果は合格でした! 今年の目標のひとつにも掲げていたので、率直にうれしいです。

事前の勉強もしっかりやれたし試験当日も確かな手ごたえはあったので「まぁ大丈夫かなぁ」とは思ってましたが、結果が実際に送られてくるまではドキドキしました。受かっててよかった!

次のステップとしては、応用情報の上位試験にあたるITストラテジストを取りたいのですが、当面は本業などに集中するため、試験を見すえた勉強はいったんストップしようと思います。がんばろ。

ストップする前の最後の最後に。応用情報試験についての総まとめをしておきたいと思います。

・・・というのは、応用情報試験は春・秋の年2回開催ですが、受験者数が毎回万単位におよぶ人気の試験です。ですので今後も
  • 応用情報に興味はあるけど、どんなものなのかよくわからない・・・
  • 受けようかどうか迷っている・・・
  • 応用情報に申し込んだが、勉強方法がよくわからない・・・
という方がたくさん出てくるかと思います(1年前の僕がそうでした)。

しかし、応用情報試験関連の情報はまだあまり充実していません。もちろん、私的な体験記や試験の構成について説明したページ、対策本なんかはあるのですが、
  • そもそも応用情報試験とは何なのか?
  • 受験したらどういったメリットがあるのか?
といった情報を体系的にわかりやすくまとめた資料は僕が調べたかぎりあまりありませんでした。

ですので、応用情報技術者試験についてまとめてみたいと思います。なるべくニュートラルでわかりやすい情報を心がけて、応用情報に興味がある人が、これさえ読めば
  • 応用情報試験を受けるべきかどうかの判断ができる!
  • 実際の効率的な試験勉強のやり方がわかる!
というものにしたいと思います。

次回から、3回シリーズでいきたいと思います。1回目は概要編、2回目は価値編、3回目はコツ編と進めていきます。


追記
3回シリーズ、書きました。

2011/08/23

なぜ仕事場にいると仕事にならないのか

なぜ仕事場にいると仕事にならないのか」というスピーチ動画がありました。原題は「Why work doesn't happen at work.」。


Jason Fried: Why work doesn't happen at work | Video on TED.com

仕事環境の新しい「あるべき姿」について考えさせてくれるスピーチです。

スピーチの内容はざっとこんな具合です(僕の解釈も入っています)。

メインメッセージ
これまでの常識に縛られず、クリエイティビティを発揮できる仕事環境を作ろう

問題
一般に、オフィスは仕事をするための場所だけど、オフィスでは仕事が捗らない。
  • 現在、オフィスで働くのが当たり前となっている。
  • しかし、オフィスでは仕事が捗らない。
  • 人々が「仕事が捗る」と言う場所は、たいてい、家のカウチやカフェ、電車などオフィス以外の場所

問題の意義や原因
仕事にも睡眠と同じようにリズムがあって、生産性を高めるにはそのリズムを壊さないことが大切。だけど、それを壊してしまうものがオフィスには多い。特に、マネジャーとミーティング、この2つのMが大きな問題。
  • 仕事には睡眠と同じ「リズム」がある。同じ時間ベッドに寝ていても、ぐっすり眠れるときもあれば眠れないときもある。仕事もそれと同じ。
  • しかし、オフィスにはそのリズムを崩すものある。
  • それは、受動的なディストラクション(本人の意思に反して仕事を中断するもの)。
  • 中でも大きなものは、2つのM:マネジャーとミーティング。

問題解決のためのイチ提案
お互いに仕事のリズムを壊さないような仕事環境作りを進める。特にマネジャー職にある人は注意が必要。
  1. ノートークサーズデー(カジュアルフライデーになぞらえて)
  2. 口頭は辞めてメール
  3. ミーティングを辞める

・・・以上です。

このスピーチを見て思ったことを2点ほど挙げてみます。

指摘はもっともだけど、この提案を取り入れられる職場はごくわずかだろうなぁ
今オフィスには多くの問題があって、それを解決すれば、もっと仕事は捗るし、生産性は上がる。それはもっともだと思います。

だけど、実際このスピーチを聴いて、「じゃあ、うちも職場を改善するか!」と環境を変えていける職場はごくごくわずかだろうなぁと思います。

難しい理由はたくさんあると思うのですが、以下、4点ほど挙げてみます。
  1. そもそも、リズムや静けさが仕事のクオリティに直結する、という認識を持っている人が割合的に少ない。逆に、「ワイガヤ好き」な人が多い。
  2. 生産性を高めたいと本当に思っている人も、割合的に少ない。業績がダイレクトに自分にはね返ってくる経営者と一部の積極的な社員を除いて、多くの人たちは「生産性を高めたい」とは思っていない。
  3. 人をマネジメントすること、人を支配することに喜びを覚える人がいる。そういう人たちにとっては、口頭での指示やミーティングを開くことが自分の価値を確認する機会として大切。そういう人たちが力を持っているかぎり、ミーティングを開くこと自体が目的になるし、ミーティングはなくならない。
  4. そして、一番の問題は、自律的に仕事ができる人が少ないということ。ドラッカーが言う「知識労働者をマネジメントできるのは自分自身だけ」「知識労働者は成果を上げるべく、自らをマネジメントしなければならない」ということの意味を理解し意識している人はまだ割合的には少ない。

今は、働き方の「あたらしいあたりまえ」を作っていくべき時代
上述のとおりさまざまな問題があるため、仕事場が変わるのに時間はかかると思います。しかし、ICTの急速な発達で、働き方のあるべき姿は確実に変わっていきます。

このスピーチを聴いて、これまで当然だと思っていたものがもはや当然じゃないんだな、ということを思いました。たとえば
  • 1日8時間、週5日、みんなで同じオフィスで働くというワークスタイル
  • いつでも、好きなタイミングで人に声をかけてもよいというルール
  • 仕事内容を管理するためのミーティング
など。これら当たり前だと思っていることが、いまや、ICT革命のおかげで空間的な制約も時間的な制約も大幅に緩和され、現実問題、すでに必要なことではなくなってきています。

新しい働き方をいち早く取り入れ「ノマド」として働いている人もすでにいますが、割合的にはまだごくわずか。これが、デスクワーカーの5割、少なくとも3割くらいまで増えていけば、生産性は上がり、過剰な通勤ラッシュは緩和され、地域コミュニティのつながりは増え、会社員のストレスは減り、とイイことだらけ。その結果、もっともっと、余裕と思いやりのある人たちが増えればなと思います。ただ、そのときには新しい問題が発生するんかな。。。

おまけ
「21世紀の働き方」というキーワードで検索したら面白いページや記事が出てきました。こちらもよろしければ。
21世紀製作研究所 新書
21世紀の働き方 - digital session log
21世紀の新しい働き方「ワーク&ライフ インテグレーション」を目指して - 経済同友会

2011/08/17

日本にいながらにして英語環境をつくる3つの方法

先月5年ぶりに受けたTOEICテストの結果が、先日返ってきました。結果は800点。

受けたときの感触から「800台後半は取れててほしいなー」と思っていたのですが、、、結果は800点ギリギリ。。。

10年近くも英語を勉強したのに、わからないまま終わる、そんなのは嫌だ!ということで英語の勉強を始めたのが去年の11月。その頃の水準はおそらくTOEIC710~730点くらいだったと思うので、約9ヶ月で約70~90点ほどアップした感じでしょうか。

TOEIC800点台に乗ったのは正直うれしいけれど、期待値よりも点数が低かったため「今後はこれまでのやり方ではダメだ」ということも今回わかりました。その意味では大きな収穫です。引き続きがんばります。

と前置きはこれくらいにして。

今回は、日本にいながらにして英語の環境を作る方法を3つほどご紹介したいと思います。「英語を勉強したい!だけど、まとまった時間はなかなか取れない!」、そんな方におすすめな方法です。

1 ふだん使う機器やサービスの言語設定を英語にする

ひとつめは「ふだん使っている機器やサービスの言語設定を英語に変える」というものです。これをするだけで、英語を瞬間的に理解する「瞬発力」が大きく伸びると思います。

僕が実際にこれをやっているのは
  • Google
  • Gmail
  • Twitter
  • Facebook
  • iOS
など。それぞれ、以下のリンク先で設定を変更することができます。
  • Google
  • Gmail
  • Twitter
  • Facebook
  • iOSは、設定→一般→言語環境と進んでいって、「English」を選択すると英語に変えられます。

最近は、世界共通のサービスや機器が増えてきているので、身のまわりでどれが英語設定に変えられるのか探してみる、というのも面白そうです。

2 英語から情報を得る

日本にいながらにして英語環境をつくる第二の方法。それは「情報源を英語にする」です。

ふだん情報を得ているメルマガ、新聞、ブログなどを英語のものにします。

大事なのは、もともと興味があって心の底から「もっと知りたい!」と思えるジャンルやブランドを選ぶこと。日本語で興味が持てないものは、それがたとえ英語になったとしてもなかなか興味は持てません。ですので、とかく自分が好きなジャンル、ブランドを選ぶことが肝心です。

ただ、新聞の場合だけは、イチから選ぶのは大変なので、適当にメジャーどころでジャパンタイムズやNew York Times、World Newsなんかから始めるのがおすすめです。

英語で日本のニュースを読みたい場合には
ジャパンタイムズ

英語でアメリカや世界のニュースを読みたい場合には
New York Times
World News

その他参考
英字新聞を読もう

新聞の場合は、自分が好きな分野の文章を読むときよりも骨が折れるので(どうしても「いま、勉強している!」という感じになります・・・)、「ちょっとカンタンすぎるかな?」と自分で感じるくらいの記事を選び、とにかくたくさん読むというのが長続きのコツになります。

3 調べものは英語でする

みっつめは「調べたいものは英語で調べる」というものです。

知りたいことがあったとき、それを日本語で調べることはせずに、あえて英語で調べます。

この「英語で調べる」というのは、一度習慣化してしまえばどんどん楽しくなっていってヤミツキになるので、この3つの中でも特におすすめです。

これを当分のあいだ続けていると、「英語には信じられないくらい良質な情報源がある」ということや「言語が違えば物事を捉える切り口が全く異なる(場合がある)」ということ。そんなことが肌感覚でわかってきます。このあたりは、他言語を学ぶ醍醐味かもしれませんね。

手始めは、英語版のYahooやWikipediaを使うのがよいでしょう。
Yahoo(英語)
Wikipedia(英語)

・・・以上です。


個人的に思うのは、英語の勉強は、良い戦略さえ組めたら(良い素材と自分にぴったりな方針が選べたら)、あとはとにかく量!の問題だということ(ただしあくまでも戦略ありき。「闇雲に量さえこなせばOK」では決してありません)。

だから、良い戦略を組んだあとは、ムリなく自然に量をこなしていくための仕組みモチベーション維持の方法。この2つがガッチリ決まれば、あとは上りのエスカレーターに乗っているかのように、英語力は自動的に着実に伸びていきます。

・・・と。まだTOEIC800点で、山の頂まで登ったことがない僕が言ってます。。。半年後くらいには、こういうお話がもっと確信を持って言えるように、がんばりたいと思います。

英語関連記事
このブログの記事のなかでも、英語関連のものは特にがんばって書いています。よければこちらの記事もどうぞ。
英語の勉強を始めます
英語勉強のフレームワーク
英語勉強のツールと仕組み化(音・語彙編)
英語を勉強するときに最も良かった3つのサイト
Google chromeで英語の勉強をするときに使える翻訳ツール3選
Google公式の翻訳用拡張機能Google Dictionary